准看護師の求人サイトでNo.1の求人・転職サイト

看護師と准看護師の定義

看護師は厚生労働大臣の免許を受けて、傷病者や出産後の女性の療養上の世話、診療の補助をする者のことを言います。

准看護師は都道府県知事の免許を受けて、医師・歯科医師または看護師の指示を受けて、傷病者や出産後の女性の療養上の世話、診療の補助をする者のことです。

看護師と准看護師の違い

通常業務において、看護師と准看護師の仕事内容に大きな違いはありません。 ただ公的の病院や大学病院では准看護師の採用がないところが一般的。

また専門看護師や認定看護師の受験資格も看護師・保健師・助産師のいずれかの免許を有していなければなりません。看護師長など、いわゆる役職につけるのも看護師のみ。

給与も看護師の方がおよそ60万円高い年収(2010年/女性看護師・准看護師の比較)だと厚生労働省の調査でもわかりました。

准看護師の求人

医療の高度化・複雑化などから准看護師の廃止も看護協会から提案されている半面、看護職員の不足から准看護師の求人や採用も変らず多く、また看護師よりも賃金の安い准看護師に求人・雇用が広がっていることも事実。

賃金の安さだけでなく、看護師の資格を持ったキャリアの浅い看護師よりも、経験のある准看護師のほうが率先力として重宝される場合も多く、看護師・准看護師の免許の違いだけでなく、現場での経験も大きく雇用に影響しています。

准看護師が転職や再就職を考える場合も他の看護職員と同じように、ハローワークや求人情報誌、転職サイト、人材派遣、人材紹介などで求人・募集情報を探すことができます。

自分が一番利用しやすいツールで転職活動をしていくと良いでしょう。 看護師給料平均アップマニアの情報も参考にしてみてください。

合わせて読みたい!失敗しない転職サイト選びと比較の関連記事