看護師の訪問入浴ってこんな仕事【訪問入浴の年収と働く方法】

訪問入浴の仕事内容

訪問入浴とは介護・介助が必要な高齢者・障害者など、自宅での入浴が困難な人に対し、自宅に専門スタッフ&看護師が訪問し入浴の手助けをする仕事です。

たいてい看護師1人、介護職員2人の3人以上でチームをつくり、専用の浴槽を持って訪問します。

訪問入浴の看護師の仕事はまず入浴前のバイタルチェック。家族にも日々の様子を聞きながら、入浴が可能な状態であるかを確認、判断します。入浴時には介護スタッフとともに洗髪・洗体を手伝います。

介護スタッフの人数が多い場合はすべて介護スタッフに任せますが、大抵は看護師も手伝います。

入浴後、再び看護師が体調のチェックをします。
血圧・体温・脈拍などの測定、入浴による体調の変化がないかを確認します。

感染症予防のための消毒の徹底など、看護師が担っている責任は重く、体調から入浴を見合わせるように説得するのも看護師のおもな仕事。

家族から介護や症状における相談などがあれば、アドバイス等をおこなうこともあります。

訪問入浴の看護師になるには?

訪問入浴の求人はハローワークや看護師専門の転職サイト、介護職の転職サイトで探せます。利用者は高齢者が多いですが、事業者によっては障害者・障害児の訪問入浴をおこなっているところもあります。

また1件の訪問入浴にかける時間によって、1日に回る件数も違ってくるので、面接やコンサルタントを通してよく確かめておきましょう。

時間をかけて訪問入浴をおこなうのか、手早く何件も回るのかによって働く側の心構えも変ってくるはずです。一般的には5~8件ほど回ります。

訪問入浴の看護師の年収

介護系の仕事の中でもハマりやすいと言われる訪問入浴。高齢者や家族が感謝してくれる、喜んでくれるのが一番の魅力です。

訪問入浴の看護師の月給は手取りで25万円前後。

一般的に雇用形態は正社員の募集が多く、看護師は正社員でもパートでもOKという求人が多いのが特徴。

訪問入浴で看護師やりながらヘルパー講座に通い2級ヘルパーを取得した看護師も多く、直接、人に喜ばれる仕事をやるうちにキャリアアップの意識も高まるようです。

合わせて読みたい!専門看護師の働き方の関連記事