デイサービスでの看護師ってこんな仕事【デイサービスの年収と求人情報】

デイサービスの仕事内容

デイサービスとは自宅で生活する要介護・要支援認定を受けた高齢者が日帰りでデイサービスセンターなどに通い、通所介護計画に沿ってサービスを受けることです。

送迎があり、健康チェックや入浴、心身機能の維持や回復のためのレクリエーションなどをして過ごします。
高齢者が利用するデイサービスでは、看護師、准看護師は欠かせない存在です。

看護師のおもな仕事は利用者の健康状態観察、バイタルチェック、薬の管理、口腔ケア、主治医の指示に基づく処置など。それ以外は食事介助やトイレ誘導、レクリエーションの手伝いなど介護職員と同じような仕事もこなします。

基本的に医師が常駐している施設は少なく、看護師1人が常勤している場合がほとんどなので、感染症予防のための消毒の徹底など、看護師が担っている責任は重く、体調から入浴や体操などの参加を見合わせるように説得するのも看護師のおもな仕事。

介護職員の言う事は聞かなくても、医師や看護師の言う事は聞く高齢者は多いのです。

デイサービスの看護師になるには? デイサービス看護師の求人

デイサービスの求人はハローワークや看護師専門の転職サイト、福祉・介護職系の専門転職サイトで探せます。

デイサービスの看護師求人は募集人数が少ないので、すぐに採用者が決まって掲載が終了することもあります。

だから気になる求人には、早めに転職コンサルタントに詳細を聞く、面接を受けるなど行動を起こすと良いでしょう。

デイサービスの看護師の年収

一般の病院に比べると、勤務時間も短く、夜勤もないデイサービスの看護師の仕事。

医療機関ではないので医療メインの仕事ではありませんが、施設に看護師は自分1人という場合が多く非常に責任ある仕事です。

デイサービスで働く看護師の平均的な月給は、およそ25万円前後。ボーナスは施設によって変ってきます。

一般的な病院に比べてデイサービスの看護師の年収は低いですが、勤務時間がはっきりしていることもあり人気があります。

高齢者の介護に興味がある人、子育て・介護中の看護師や、規則正しいワークスタイルの方が合う看護師などには特にオススメです。

合わせて読みたい!専門看護師の働き方の関連記事