クリニックでの看護師ってこんな仕事【クリニックの年収と求人情報】

クリニック・診療所と病院の違い

クリニックとは入院用の病床は用意していない、または19床以下の医療施設をクリニックor診療所と言います。

クリニック・診療所は、いわゆる“掛かりつけのお医者さん”、“ホームドクター”とされることが多く、地域密着型の開業医タイプのものが多く、専門科目をある程度限定して、医師・歯科医師が診療や治療をおこなっています。

クリニックや診療所と一般の病院と違うところは、先にも触れたようにクリニックの多くは入院ができない、もしくはできても19床以下。したがって夜勤がないクリニック・診療所が多数あります。

また一般病院に比べ規模が小さいので、対応する患者数もそれに比例して少なくなり仕事量も少なめに。もちろん看護師やスタッフ数にもよりますが、比較的仕事量が少なくなります。

ただし業務内容は反対に多岐に渡ります。

初診患者のヒアリングも看護師がおこなうクリニックも多くコミュニケーション能力や、専門知識も必要。検査・点滴、注射等の処置も1人でこなし、責任も高まります。

看護師数が少ないので、必然的に1人1人の能力が高い看護師である必要があります。だから日勤希望の看護師以外にも、スキルアップを考える看護師がクリニックを転職先に選ぶことはよくあることです。

クリニックでの看護師の求人情報

クリニックの看護師の求人情報なら、転職サイトがもっとも情報量が豊富でしょう。

検索でクリニックや診療所を指定することができ、また転職コンサルタントにも希望を伝えておくとより得られる情報も増えます。求人・募集人数が少ないことが多いので早めに面接予約を取るなり動く方がいいでしょう。

またクリニックの求人や募集で特に注意したいのは賞与や休みに関して。

クリニックや診療所は医師が経営者でもあるため、休みが医師である経営者次第になることが多いので、通常の休みや長期休暇もしっかりチェックしておきましょう。

たとえば私のクリニック勤務の友人看護師は、医師が海外旅行に行くならゴールデンウィークは休みだし、行かなければ休みにはならないらしく、毎年スケジュールが定まらないそう。

クリニックの経営状態と、オーナーである医師次第で何事も変ってくるので、賞与や休みに関しては面接で確認するか、コンサルタントに聞いてもらうとよいでしょう。

クリニックで働く看護師の年収

クリニックで働く看護師の年収は、一般の病院で働く看護師よりも低くなります。

女性看護師の場合、一般的に10人~99人の規模の病院では年収およそ435万円、100人~999人規模では約469万円。それ以上の規模ではおよそ505万円とさらに年収差がでます。

これは基本給よりも夜勤手当など、各種手当てがつくことと、ボーナス額の違いから。

クリニックや診療所は、医師の経営手腕によっても給与やボーナスに違いがでてくることは当然です。給与や待遇の違いは、それぞれのクリニックや診療所によって大きく異なります。

合わせて読みたい!専門看護師の働き方の関連記事