看護師は売り手市場。転職で給料アップのチャンス!

看護師はいつだって人手が足りない

看護職員5万6,000人の不足!

2010年11月に厚生労働省でおこなわれた「第7次看護職員需給見直しに関する検討会」から、現在の看護職員はおよそ5万6,000人も不足していることが明らかになりました。

また厚生労働省による2011年の見通しでも、新たに採用した看護師や就職した看護師よりも、退職や離職する看護師の方が多いデータがでています。

高齢化問題

いま、日本の関心度の高い悩みの種となっているのが少子高齢化。確実に高齢化がすすむと、看護スタッフの需要は伸びる一方です。

また少子化で若い世代の絶対数が減少してくると、看護師になる人が少なくなっていくのは決定的です。看護師がより一層需要が高くなり、貴重のある職業となってくるでしょう。

【医療ツーリズム】として日本の医療業界が観光産業になる?

ここにきて、経済産業省が推奨している医療ツーリズム。中国やロシアなど海外からやってくる観光客を相手に、日本の医療施設が行う健康診断や診察など、医療メニューを用意しようというサービスです。

いまや民間ツアー会社で整備され、「日本観光のオプションとして、規準の秀でている日本の医療施設で診察を受けられる・治療を受ける」といったコースなどは注目されています。

これにプラスして、2010年度は経済産業省が予算として1億円を計上し、国が医療ツーリズムを主体的に奨める分野になったのです。

もうすでにお気づきのように、今後は日本人は当たり前として、外国人旅行者の患者さんも加わる・・・言い換えれば看護師を筆頭に、看護職員を増やし、積極雇用することが求められます。

常識になりつつある看護師の転職

日本看護協会の「2001年看護職員実態調査」の発表では、転職を経験したことのある看護師は52.6%と半分を上回っています。転職の原因は様々だと思いますが、看護業界のメリットとして転職が容易に行える環境が整っているといえます。

すなわち転職をする場合には、よその病院への就職が決まりやすい、転職しやすいのです。

業界の中には、ひとたび業務につくと次の転職することが困難な産業も存在します。業種の数そのものが乏しい場合もあり、簡単に転職を決断できないケースも。ただし看護師に関しては、異なる業界への転職でない限りは、その専門職であることから格段に転職が行い易い業界となっています。

引く手あまたの看護師さん?

慢性化している看護師が不足している状況、もっと言うなら高齢化に伴う看護師を増やしていかなければならない時代のトレンドから、看護業界への就職、転職は完全な「売り手市場」と考えて間違いないでしょう。

もっと良い職場状況を目指して、あるいはあなたのキャリアアップを求めて、プライベートに力を入れるため、収入のため・・・どういう訳であろうと、転職を決意したなら、あとは行動する他ありません!採用側の病院・クリニックはあなたの転職を心待ちにしている・・・かも!?

合わせて読みたい!看護師の転職に必要なことの関連記事